あらぐさ福祉会
2013.12.8

DSC02328

 

あらぐさ福祉会に植木鉢のペイントとステンシル、植え込みを行っていただいています。

色、苗、ステンシルの文字等を考えてお願いしています。
人に喜ばれたり、好きやなあと思ってもらえるものを作るときに障がいの有無なんて関係なくなると感じています。

実際この作業をしてくださっている方達は重度障がい者と言われる方達ですが、植物の前で、これを手にとってくださる方の前で関係なくなると思っています。

スタッフと仕事をシェアし人に喜んでもらえる一人の人やと。もちろんケアが必要な障害があることも理解しています。

ただそれが、出来ることを限定する理由にならないなと。
福祉に従事していると気づかないうちに自分の限界を障がい者の限界に置き換えてしまいがちですが、あらぐささんのスタッフ達の思いとシンクロしてよいものが生まれ始めていると感じています。

あらぐさ福祉会さんからは、さをり織りのストール・羊毛で出来たアクセサリー・植物・今年つけた完熟ウメシロップが届きます。

Blog Top